ちょっと気になっていた加圧式ボールペン

気になりつつも使途がないし、就活指導でも使えそうにないというので触手の伸びなかった「加圧式ボールペン」。

文房具小僧の我慢を超えてついにリサーチしてしまった。

そうした中、発色の薄い油性染料系のインクではなく、低粘度油性の使用できそうな「パイロット ダウンフォース」に触手を伸ばした。
bdw_40f_b_on

けれども、プラスチック軸で、かつ、安っぽく、太い。
悩んだけれど、欲求に負けてゲット。
[amazonjs asin=”B006CQWCOI” locale=”JP” title=”DOWN FORCE/ダウンフォース【ブラック軸】 BDW-40F-B”]
トンボ鉛筆、三菱鉛筆、パイロットが参入している中、いつもなら全部一揃いゲットするのだろうが、パイロットしかゲットしなかったのは、やはり専用芯しか使えない三菱鉛筆、事実上専用芯のトンボ鉛筆は油性染料の薄い発色のモノ使えなかったため、可能性としてだけでも低粘度油性の使えそうなパイロットのみとなった。

けれども、「パイロット ダウンフォース」をゲットしたものの使い道は上向き記述のカレンダー記入用ぐらいしか思いつかない。
と言うわけで、カレンダー記入用と無理矢理自分に言い聞かせてゲットし、最初から低粘度油性の芯で、「パイロット ダウンフォース」にぴったり使えそうな「アクロボールインク芯も一緒に購入した。
bvrf_8f_b
[amazonjs asin=”B005PUEYKW” locale=”JP” title=”油性ボールペン替芯 細字 0.7mm 黒 BVRF8FLB”]

純正芯とアクロボール芯だと
DSC01723 (1)
上ぐらいの発色の差がある。
ただ、加圧するので、アクロインキがボタボタともれるかと思ったが、それは考えなくても良さそうなところが助かった。(あくまで自己責任で。)

5_downforce1 5_downforce3 5_downforce4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です